マツコの知らない世界で紹介されたフライパンをゲストの飯田結太さんが紹介!

マツコの知らない世界で飯田屋の飯田結太さんがフライパンの選び方を伝授!

「飯田屋」の飯田さん(6代目)の年齢はまだ33歳!会社は1912年創業の老舗道具屋を継承!

飯田屋の飯田さんがオススメする万能フライパンとは!?

厚みと重みのあるフライパンが最強!

理由は1つ!

・多重構造にすることで、熱がフライパン全体に均等に伝わるようになる

結論、簡単に言うと

フライパンは多重構造が最強!

多重構造の中でもオススメなのが、「ステンレス」と「アルミニウム」の組み合わせ

ステンレス =熱伝導が良い

アルミニウム=熱を逃がさない

上記2つの素材を組み合わせることによって、最強のフライパンになる!

逆に言うと、ステンレスアルミニウムのフライパンを使うことによって

料理上手になれるということだ!

フライパンの寿命を伸ばす秘訣とは!?

フッ素樹脂加工がされているフライパン

この工程があるのかないのかで、フライパンの寿命がかなり変わってくると言う。

フッ素樹脂加工あり=フライパン寿命5~10年以上

フッ素樹脂加工なし=フライパン寿命2~3年程

また、フッ素樹脂加工されてると少ない油で料理できるため、

健康にも良いとのこと。

フライパンが熱いうちに冷たい水につけるのはNG!

熱いうちは油が溶けているが、冷めると一気に油が固まるため、

フライパンのフッ素加工が縮まってしまうため、寿命を縮める結果になってしまう!

できれば、フライパンは冷めてから洗うのが、フライパンを長持ちさせる秘訣!

飯田屋の飯田結太さんオススメのフライパンとは!?

羽のように軽い!チタンのフライパン(28センチ)

チタンのフライパン26センチ

 【チタンのフライパン】安定のティファール

チタンといえば、一流アウトドアメーカーのスノーピークがマグカップやクッカー等に使用している。

料理にこだわり始めたらチタン製品を考えてみてはいかがでしょう!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。