空飛ぶタクシー、ロールスロイスが2020年代に実用化へ!

ロールスロイスが空飛ぶタクシーの実用化へ!

空飛ぶタクシーはいつ実用化される?性能は?

高級車の販売しているイメージのあるロールスロイスが、2020年代の前半にも空飛ぶタクシーの実用化を目指すと発表した。

ロールスロイスが発表した空飛ぶタクシーの性能

乗車人数:4人〜5人乗り
飛行距離:約800キロ
最高時速:約250キロ

例 東京から大阪までが約1時間ちょっとっというイメージになる!
東京圏内であれば、約10分でどこへでも着くイメージとなる!

Uberが空飛ぶタクシーの根幹を手がけている「Uber Elevate」では2023年には空飛ぶタクシーを実用化すると発表!

Uberは空飛ぶタクシーのサービスをスタートするに当たって、過去5社のタクシーの製造を予定していると発表しています。

エンブラエル

オーロラ・フライト

カレム

ベル

ピピストレル

ここにロールスロイスが参入されたことになります!

Uberは2017年NASAと協働開発する提携を発表!

NASAと提携するということは・・・・国もかなり力を入れて開発に着手して、導入に意欲的であることが伺えますね!

ロールスロイスはもともとエンジン開発の大手である。

ロールスロイスは1900年代に車のエンジンを開発をしたことで有名だが、
具体的にはエアバルブの画期的な開発に携わり、考案された技術となった。

高級車や航空エンジン会社のロールスロイスの開発に期待!


Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。