岩波新書のしおりに書かれている記号の読み方が話題

岩波書店が出している、岩波新書に記号の読み方を記載した「しおり」が挟まれていた。

画像を書面でまとめました

.  =ピリオド
】=すみ付バーレン
(=バーレン(かっこ)
。=句点(まる)
、=読点(てん)
?=疑問符
,  =コンマ
<=ギュメ(山がた)
!=感嘆符(雨だれ)
*=アスタリスク
{  =ブレース
」=かぎ
』=二重かぎ
〔=キッコー
]  =ブラケット
”  =コーテーションマーク

口コミ抜粋

・バーレンとか初めて知った・・・
・今度から<つけて欲しい時、ギュメつけてって言えばいいんですね!
・バーレンとすみ付バーレンって使い分けしたい時知ってたら便利

罫線の種類に関するしおり

罫線全種類書き出してみました。

・表ケイ
・裏ケイ
・表リーダーケイ
・裏リーダーケイ
・波ケイ
・かすみケイ
・双柱ケイ
・子持ちケイ
・両子持ちケイ
・無双ケイ
・三筋ケイ

口コミ抜粋
無双ケイかっこいい!!
・線の種類に名前があるとか知らなかった。

書体の種類に関してのしおり

夏目漱石の問題が記載されたしおり


18番(おはこ)の由来や、ぎなた読みとは?

文字の大きさや、欧文活字の名称について


本そのものの豆知識


岩波書店の木で出来たレアしおり


岩波書店マニア向け

口コミ抜粋

・デザインが可愛くて一目惚れして買っちゃいました。
・本好きな友人にプレゼントしました^^すごく喜んでくれましたよ♪

岩波書店さんのしおりコレクターの方も、しおりに興味を持たれた方も、ぜひ一度岩波書店に足を運んでみてくださいね♪

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。