宮崎市内唯一のタリーズ|九州パンケーキを運営する一平さんのタリーズに行ってきました。

カフェが大好きな筆者がいつも通っている落ち着いた場所の一つにタリーズがあります。今回はそんなタリーズコーヒーのコーヒーやデザート、その他サービス諸々について書こうと思います。

皆さんはカフェと言えば、どんな時に使いますか?

・待ち合わせの時
・勉強する時
・仕事する時
・打ち合わせする時
・友達と話をする時

等々、色々あるかと思います。

カフェを利用する方のうち、半分以上が週1回は利用すると回答された統計データがあるようです。
そんな私も、週4〜5回はカフェにこもってます(笑)
(たぶん、店員さんに顔覚えられてるかと思います。笑)

私はタリーズは好きですね〜。特に

ドリンクの種類の充実

毎回ドリンクを決める際に、見る場所と言えば

・本日のコーヒー
・期間限定のコーヒーやジュース等

こんな感じで、ドリンクを決めてます。
皆さんはどのようにドリンクを決めてますか?

タリーズはコーヒーの原価率が30%もあるんです!!!

Sponsored Links

コーヒーを選ぶ際、味や、店舗の雰囲気、ドリンクの種類、その他諸々色々な決め方があるかと思いますが、私はコーヒーを選ぶ際のポイントに、原価率というものを多少気にしています。
まぁ実際美味しければ良いとか、コーヒーに格別のこだわりがあるわけでもないので、原価率に執着してるわけでもないのですが、たまたま同僚にタリーズの店長やってる方がいて、コーヒーに関する熱い思いを聞かされてた際に、ポロっと原価率の話を言ってたのを覚えています。

タリーズコーヒーの値段は、業界全体を見渡しても、決して安くはないです。
それはなぜでしょう?

フェアトレードを実施してるからなんです。

通常、企業が物を仕入れて、実際の市場に出す際は仕入れ先の仕入れ値をできるだけ抑えて調達しますよね?
そうなれば、市場に出した際に企業の利益が乗り、儲けがくが増えると言う話です。
フェアトレードというのは、原産地で生産する生産者のために、本来利益が出るであろう利益分を生産者に還元し、購入者の方に少しだけ負担してもらうというやり方です。
フェアトレードはコーヒー業界だけでなく、雑貨や日用品などでも、多くの生産者様の助けになるよう様々な場所で行われています。よかったら調べてみてくださいね♫

結論として、コーヒー1杯に生産者の方への感謝がのってるわけですね^^
タリーズの思いやりがたくさんの方を幸せにする、素敵な会社だと私は思います。

まとめ

・タリーズは原価率が高い

・タリーズはコーヒー1杯に生産者に対する思いをのせる思いやりのある会社

・タリーズWifi最高(笑)いつもありがとう!

いかがでしたでしょうか?
最近だと、季節の商品で、アイリッシュラテやストロベリーティー等が出てるようです。今回の記事を読んでみて、よかったらご来店されて、タリーズの空間を一味違った感覚で楽しんでみてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。