コウノドリ11話(最終話)「チームが起こす最後の奇跡」を見る前に!

【予告】最終話を見る前に!今からでも間に合う、コウノドリの見所を簡単にまとめ!

世の中では、30秒に1人新しい命「赤ちゃん」が生まれている。
それぞれの赤ちゃんに、それぞれの物語がある。
幸せをかみしめることもできれば、悲しい現実と向き合わなければならないこともある。

だからこそ、小さな命に寄り添いたいと願う人達がいる

コウノトリ先生率いるペルソナチームが新しい命の誕生のために、それぞれの想いを、命の現場で、悩み、努力し、時々悔しい思いをしながら、成長し、患者さんの気持ちに寄り添うことを忘れない。

いつも望むような結果にならない。そんな時、産科医として、助産師として
どんな時でも患者さんの決断を尊重し、その状況で判断が間違ってなかったと思えるよう、命と向き合っていく。それが僕たち私たちにできることなんだと信じてここにいる。

「生きている限り明日はやってくる」
「悲しみが繰り返されてしまう時がある」
「悔しさが繰り返されてしまう時もある」
「それでも気づいて欲しい、今ある道を進むことで、光が見える。だから怖がらないで」
人は必ず誰かがそばにいて、誰かのそばにいる

それではみなさん、コウノドリ11話(最終話)をお楽しみくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。